五十肩などの肩の痛みを解消し、安らかな生活を。
topbar


実践者の声

   五十肩 (関節周囲炎と二頭筋長頭拘縮)

       「開始後2〜3日で症状が軽快する感じがあり痛みがあっても
       プログラムを行なった後はかなり楽になります。」
       67歳 男性 (公的病院退職後の医師です)


以前の状態:6〜7年前よりいわゆる50肩の状態がありました。
最初は右だけでしたがその後両方共痛くなりました。

特に右上肢は挙上出来ますが、外旋して伸ばしたり、外旋して回内、回外が痛みの為に不可能です。 肩関節周囲と上腕二頭筋の腱の付着部辺りの圧通もあります。

日常生活で困ることは駐車場での駐車券の出し入れ、入浴時に足先を洗う時、物を鷲掴みにして上方へ持ち上げる時等に苦労しています。

その他に両側の肘関節部分を進展した時の痛みと、圧痛、加えて左股間節の痛みがあり胡坐がかけません。

整形外科を受診して、MRI などの検査を受けましたが、右肩関節周囲に石灰化があり関節周囲炎と二頭筋長頭拘縮との診断でした。 その他の関節には異常は認めませんでした。

肩の痛みに関しては特効的な治療法はなく鎮痛剤、シップ薬、ストレッチによる対症療法と、 痛みが強くなった時にはブロックやヒアルロンサン注射等による治療の説明を受けました。

その後ストレッチ等を行っていましたが症状は軽快せず、夜間の肩の痛みなどが増強し寝返りを打っても痛む状態でした。
痛みのためにブロック等の注射による治療を受けなければならないかと考えた時もありました。

プログラムを開始してほぼ毎日、ボディデザインメソッド1と、肩の調節法をこなしています。
気が向いたときにボディデザインメソッド2、腰痛メソッド、その他のものを行っています。
開始後2〜3日で症状が軽快する感じがあり痛みがあってもプログラムを行なった後はかなり楽になります。

最近は寝返りは楽に出来るようになりました。
長期間続いていた症状なので短期間に軽快することを期待せず今後も毎日継続する心算です。

今の年齢を考えれば症状の軽快を目標とし、東洋医学の要素の加味されたこの体操を継続することで体全体の気の巡りが良くなると感じています。

筒井先生の実践的な経験から生み出されたよく考えられたプログラムだと思います。
覚えやすくどこででも部分的に実行できます。


   五十肩

「最初は半信半疑でしたが、2、3日プログラムに従って実践すると、驚くなかれ、
あれだけ痛くて腕が上がらなかったのが、少し上がるようになりました。」
69歳 男性


左肩に痛みを感じ、寝違いを起こしたのかなと思って、其の侭にしていた所、日を追って痛みが強くなり、左腕が、前・横とも、上に上げようとすると激痛が走り、夜中も2時間おきに痛みで目を覚ます状態となってしまいました。

3ヶ月後にはとうとう我慢出来なくなって、近くのペインクリニックを往診し、完治までには1年半から2年は掛かる事を覚悟してくれといわれながら、神経ブロック療法として肩に麻酔薬を注射し、肩関節内にヒアルロン酸注射を受けたり、エコー検査を受けたりしておりました。

少しは良くなったような感じはしましたが、それでも腕は上がらず、とても痛い状態が続いていましたので、肩の腱のどこかが断裂している可能性があるという事で、翌月MRI検査を受ける予定でした。

丁度その時に、このプログラムを知り藁にすがる思いで、MRI検査をキャンセルして、プログラムを購入した次第です。

最初は半信半疑でしたが、2、3日プログラムに従って実践すると、驚くなかれ、あれだけ痛くて腕が上がらなかったのが、少し上がるようになりました。

半月ほど過ぎた頃には、痛みはあるものの、前から真上に、横から真上に上がるようになりました。

只、真横右手方向、及び右手上方向へは現在もかなり痛みを感じております。

プログラムは不定期ですが毎日3回程、また寝る前には必ず実行しております。
痛みで夜中に目が覚めるという事はなくなりましたが、朝起きた時は肩筋肉が硬直するのか、少し動かすと痛みを感じます。
そして、痛みを我慢しながら運動を実施すると、痛みは和らいできます。

3ヵ月半ほどずっと痛みに耐えてきたのが、お陰さまで信じられないくらいに随分良くなってきました。

只、残念ながら右方向に左腕を回すことが出来ないので、好きなゴルフが出来るほどには未だ回復しておらず、ゴルフが出来るくらいに改善できればこれに越した事はないと思っております。

今では、五十肩には必ずしも高度の先端医療が良いということでもなさそうで、従来からの運動療法のほうが効果があるという事を実感している次第です。
早々に完治する事を期待しております。有難うございました。



   首から肩にかけての痛み

        「普段何かしていて痛みを意識していることが無くなりました。」
  E.Sさん 女性


できるだけ忠実に全部の運動を続けて二週間たちました。
痛みもこりもずいぶん楽になりました。まだ完全に痛みなしではありませんが、普段何かしていて痛みを意識していることが無くなりました。
これからもできるだけ続けるようにしたいと思います。